現在、日本にはたくさんの海外旅行客が訪れています。寿司・温泉・世界遺産・漫画など、日本の文化はたくさんの外国人たちの興味を集めています。
英語が世界共通語であるはずなのに、日本人は英語への苦手意識が強く、話せない人がほとんど。だからこそ、お店での英語メニューや英語パンフレットなどを完備させることにより、英語が話せなくても海外のお客様を受け入れられる態勢をつくることが必要なのです。
オフィスナガタでは長年海外生活をしてきたスタッフや、海外出身スタッフによる確実な英語広告をデザインさせていただきます。

英語版・海外向け英語パンフレットの制作

国際化が進むわが国日本。CMや広告でも英語を始め、外国語が目や耳に入ってくる機会が増えてきました。当社でも観光案内をはじめ、「日本を訪れた人たちにもっとこの国を知ってもらいたい」をコンセプトに、制作のお手伝いをさせていただきます。

訪れようとする国・場所、まずはホームページ検索が主流。

「毎日、世界中のどこの国から自社サイトにアクセスがあるか、チェックするのが楽しみなんです」とあるお客様のご意見。当然のことですが、インターネットは繋がれば世界中のどこからでもアクセスが可能ですよね。遠く離れた地域から、日本の特定の場所だって見ることができる。一言で言うと、お客様に存在を知っていただける「きっかけ」となる最初のツールでもあるのです。

お客様が本当に欲しいものを提供したい。それは、ちょっとした工夫で実現できるのです。

海外旅行で訪れた国で入ったレストラン、メニュー表を開くと、そこにはイメージ図もなく、文字だけのメニュー表。どれがどんな料理なのか、海外旅行に行かれた方は一度は経験がおありではないでしょうか?それは、日本に来た外国人もきっと同じ思いを持っているはず。日本語を話せないお客様に開いて頂いたメニュー表の中に詳しい商品の説明があれば、喜んでいただけると思いませんか?